日々の使い方

オーバーホールを依頼する

フランクミュラーは特に複雑に設計されているので、オーバーホールを依頼する際には正規店もしくは特殊な場所で行うことがおすすめします。特殊な場所というのは、フランクミュラーの修理を専門で取り扱っているところがあるのです。身近にある時計店などで修理を依頼してもオーバーホールの作業が出来ないというお店もあるので、事前にオーバーホールの作業を依頼するところは決めておきましょう。

フランクミュラーの使用方法

腕時計

正しい使用方法

フランクミュラーをきちんと正しく使えば使うほど長い時間使い続けることができます。しかし、メンテナンスを怠ってしまうとすぐに壊れてしまうのです。その費用というのも非常に高額となります。そのため、フランクミュラーを使用する際には正しい使用方法で知っておきましょう。どの時計もそうですが、衝撃には弱いことで知られています。

メンテナンス方法

時計は日々のメンテナンスを怠るとすぐに故障してしまいます。腕時計は毎日使用するものなので、毎日のメンテナンスを日課にして、常に清潔な腕時計を保ちましょう。メンテナンスに使用するものは、ふき取り用布や爪楊枝、使わなくなった歯ブラシ、綿棒がおすすめです。これは、普段必要なものなのできっと常に持っておきましょう。そして、毎日気持ちの良い状態でファッションアイテムの1つとして身につけましょう。

保管方法で時計の寿命が伸びる

フランクミュラーを長い間使い続けるためには、湿気や水気、極端な高低温、直射日光を避けた場所に保管することが基本です。また、保管場所によっては時計の寿命は大きく変わってきます。また、就寝時などに外す際には、時計同士やスマートフォン、パソコンといった強い電磁波が出るものの近くに置くのは避けるようにしましょう。近くに置いてしまうと、時計の精度が落ちたり、狂ったりしてしまう恐れがあるのです。

時計の調子が悪い場合

フランクミュラーはとても繊細な構造で作られているので、故障を発見したときにはまず自分で直そうと思わない方がいいでしょう。故障の原因としては水没や外部からの衝撃などが考えられます。日本にも総代理店があるので先に問い合わせること。それからどのように修理してもらうのかの指示を受けましょう。早急に対応してもらえるので頼りになります。

3年から5年に1回オーバーホールが必要

時計は定期的なメンテナンスが必要です。その方法の一つがオーバーホール。これは分解掃除のことで、パーツを分解して時計を元の状態にするのです。しかし、この作業はあまりにも高度な業故に大きなトラブルを招くリスクがあります。自身で行なえないときにはやはり総代理店の力を借りることが大切です。対象となる店舗が、北は北海道、南は九州にまであるので安心です。

広告募集中